東京都立川市柴崎町6-19-16

駐車場完備

042-522-5155

脊椎脊髄疾患

脊椎脊髄疾患とは

脊椎脊髄疾患イメージ

脳神経外科では、脳の延長として伸びる脊髄、背骨を構成する骨である脊椎の病気も診療対象となります。脊椎は簡単に言うと背骨のことで、その範囲は頸椎(7個)、胸椎(12個)、腰椎(5個)、仙椎(5個)、尾椎(3~5個)に及びます。脊椎は2つの大切な役割があります。一つは体を支える柱としての役割、もう一つは脳と全身を結ぶ脊髄を納めて守る役割です。紛らわしいですが、脊椎は骨の柱で、脊髄は神経の束です。

主な症状は

先ずは体を支えている脊椎に異常が起きると痛みが起きます。頚椎であれば頭痛や頚部痛、腰椎であれば腰痛が起きます。頚椎の場合は頭蓋骨の中にある内耳(平衡感覚中枢)の障害としてめまいが起きることもあります。(←頚性めまい)
脳と体を結ぶ神経の束である脊髄に障害が起きると、手足や体幹部の運動障害、感覚障害、直腸膀胱障害などが起きます。運動障害は、手や足の筋力が徐々に低下し、手を上手に使うことが困難になったり、歩行障害も起こり日常動作を行うことが不自由になります。感覚の障害は手足のしびれや痛み、感覚鈍麻と感覚過敏などの症状が徐々に進行します。直腸膀胱障害とは、排尿-排便の障害です。

主な脊椎脊髄疾患

脊椎脊髄疾患とは、脊椎や脊椎間にクッションの役目をしている椎間板、脊椎間をつなぎとめる役目をしている靭帯などが変形したり、突出したり、硬くなったり(骨化)して脊髄を圧迫したり損傷したりすることで様々な症状をきたす病気です。また、脊髄そのものにも脳と同様に腫瘍が発生したり、血管障害が起きたりすることもあります。
以下に主な脊椎脊髄疾患を御説明します。

頸椎椎間板ヘルニア

椎骨はブロック状の骨ですが、椎骨と椎骨の間でクッションの役割をしている円形の軟骨組織は(頸椎)椎間板と呼ばれています。
この(頸椎)椎間板が主に加齢や外傷、スポーツによる酷使などによって、本来の位置から突出、脱出することで脊髄や神経根を圧迫し、首や肩、腕にかけての痛みやしびれ、頸部のこり、手足の感覚障害、歩行障害などの症状が出ている状態を頸椎椎間板ヘルニアと言います。この病気はさらに進行すると膀胱直腸障害も見られるようになります。
なお30~50歳代の男性によく発症しやすいと言われています。

脊髄損傷

外傷(交通事故、スポーツ、転落・転倒 など)や疾病(がんの転移、炎症)などが原因で脊髄が傷ついてしまう状態を脊髄損傷と言います。損傷した脊髄が担当している体の部分より下部の手足、体幹部に運動・感覚機能に障害が起きるようになります。上位頚髄の障害だと、手足全体の障害がみられるばかりでなく、呼吸(横隔膜という筋肉の動きで行われている)まで麻痺してしまうので命に関わります。下位頚髄の障害だと手の障害が軽度で済み、胸腰髄の障害だと、下肢のみの障害となります。
一旦損傷された脊髄は自然再生されませんので、後遺症が残ることになります。現時点では有効な根本的治療はありませんが、iPS細胞などの再生医療の進歩により、将来的には治療できるようになるかもしれません。

頸椎症

頚椎の形状や並び方が変形すること、それに伴い突出した椎間板や靭帯も変形し骨化することなどによって脊髄や神経根を圧迫、損傷し様々な症状をきたす病気です。
原因は不明ですが、比較的突然発症する椎間板ヘルニアと違い、長い期間をかけて徐々に症状が進行してくるのが特徴です。従って高齢者に多くみられ、非常に多い病気です。
片方の手のしびれや筋力低下で始まることが多く、次第にもう片方の手にも同様の症状が遅れて起こり、少し遅れて足にも症状が起こり歩行障害が加わってきます。進行すると直腸膀胱障害がみられるようになります。
私の経験ですと、外来に受診される頭痛、手足のしびれや麻痺を訴える患者さんの中では、脳卒中よりも頚椎症の患者さんの方が多くいらっしゃいます。脳卒中との違いとしては、発症が突然ではなく徐々に起き、次第に症状は進行し両側の症状となっていくこと、初発はしびれが主体で麻痺が遅れて起きることなどが鑑別のポイントです。逆に脳卒中は突然発症で、手足の運動障害が主体で、しびれはほとんどないか、あっても軽度であり、症状は徐々に回復に向かうことが特徴です。
診断は先ずはレントゲン撮影、そして病気の程度や部位、治療方針決定にはMRIが重要な役割を演じます。
慢性的に手足のしびれが気になる方は、一度頚椎の検査を受けることをお勧めします。
具体的には、手足のしびれの他には箸が使いづらい、洋服のボタンのはめ外しが困難、字がうまく書けない、歩行時に足がもつれやすくなり、階段などで手すりをつかまるようになる、といったことが頚椎症を疑う症状です。
治療は症状が軽度であったり、あまり進行していなかったり、MRI所見で脊髄圧迫や障害の程度が軽度である場合には生活習慣指導と対症療法(痛みやしびれに対する薬物治療など)のみで経過観察となります。そうではない中等症~重症の方には手術をお勧めします。先ずは詳しい手術の内容や効果、危険性を十分にご説明いたします。ただし、命に関わることの少ない病気ですので、患者さんが手術を望まれないのを無理にお勧めすることはいたしません。ご希望された場合には手術実績の優れた術者や病院をご紹介いたします。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎の椎間板が、本来の位置から飛び出すことで脊髄神経を圧迫、これにより様々な症状が現れるのが腰椎椎間板ヘルニアです。椎間板の変性が始まるとされる20~40歳代の男性によく発症すると言われています。悪い姿勢での作業や重いものを持ち上げた際に起きやすくなるようです。
主症状は腰痛、腰や臀部から足に痛みやしびれに始まり、(坐骨神経痛)次第に足の脱力がみられるようになります。腰の骨が痛みのために弯曲してしまうこと(側弯)もあります。
治療は腰椎にかかる負担を軽減することが大切で、可能な限り安静仰臥を保つことです。ただし、何日間も仕事を休んで自宅静養ができる方は多くありません。そういう場合にはコルセット装着も有効である場合があります。
薬物治療としては、鎮痛剤内服や座薬、湿布神経ブロックを行います。症状が軽減したところで、牽引や運動療法などの理学療法を行うこともあります。
手術はそういった保存的治療を行っても難治性である方のみにお勧めするようにしています。

腰部脊柱管狭窄症

腰椎の変形、辷り(ずれる)圧迫骨折、椎間板の突出、靭帯の肥厚や骨化など様々な原因によって、腰椎の中を通る脊髄(馬尾神経)や神経根を圧迫して炎症や神経の血流障害を起こしている状態を腰部脊柱管狭窄症と言います。椎間板ヘルニアに比べると、高齢者に多くみられる病気です。
主に腰痛や間欠性跛行が症状として見られます。この間欠性跛行とは、歩き始めは順調なものの歩き続けると次第に足にしびれを感じたり、もつれたりするようになります。そして遂には足全体に痛みが広がって歩けなくなります。しかし、少し前かがみになって休むなどすると、症状が消え、また歩けるようになります。さらに症状が重くなると仰向けに寝ると足にしびれが起きるようになり、体を横向けにしないと寝られなくなるほか、排泄障害もみられるようになります。
治療は、先ず正しい姿勢と安静を保ち、歩くときは前かがみになるよう杖や歩行器を使用したりします。脊髄の血行を改善するような薬物治療も行いますが、効果は限定的です。症状が進行し生活に支障が出るようであれば手術も検討すべきでしょう。小さな皮膚切開部から、顕微鏡を使用したり、内視鏡を使用したりして手術を行い、手術時間も1時間台で終わることも可能な手術ですので、高齢の方でも手術を受けることが多い病気です。

立川脳神経クリニック

クリニック概要

Clinic

診療科目

脳神経外科 神経内科 脊椎脊髄外科 生活習慣病

住所

東京都立川市柴崎町6-19-16

アクセス

多摩モノレール 柴崎体育館駅から徒歩3分
立日橋北交差点そば 駐車場完備

TEL

042-522-5155

休診日

日曜・祝日
診療時間 日・祝
09:00~12:30
14:30~18:00

※08:45分受付開始 17:30受付終了